【スポーツ】<「川淵・渡邉論争>川淵三郎との「独裁者対決」で渡邉恒雄が「勝ち目はない」と思ったワケ

1 :Egg ★:2019/03/04(月) 00:01:11.44 ID:io7Dyk9n9.net
本来、議論とはより良い結論を導くためのもののはずなのだが、国会論戦あるいは隣国あたりとの諍いについていえば、単に双方の緊張やストレスを高めるだけに終わっているケースがほとんどのようにも見える。
2月22日放送の「グッド! モーニング」(テレビ朝日系)内の人気コーナー「池上彰のニュース大辞典」で取り上げたのは、激しい論争が良い結果を生んだ、という稀有な例かもしれない。

平成史を振り返る趣旨で、この日取り上げたのは「川淵・渡邉論争」。Jリーグ発足時の有名な出来事で、以来、主役である川淵三郎Jリーグ初代チェアマンと渡邉恒雄読売新聞社長は「犬猿の仲」とされてきた。
対立点は「地域密着型」か「企業型」か、という点だった。前者を理想とする川淵氏率いるJリーグは、各チーム名から企業名を排す方針を取ったのに対して、渡邉氏は企業トップの立場から、スポンサー名を冠すのが当然だ、という立場。
つまりは「ヴェルディ川崎」なのか「読売ヴェルディ」なのか、というのが大きな争点となったのだ。

当時、渡邉氏は、Jリーグの理念を「空疎」と言い、「川淵がいる限り、Jリーグは潰れる」とまで言い切っていた。さらに川淵氏のことを「独裁者」とも批判。
一方の川淵氏も負けじと反論し「独裁者に独裁者と言われて光栄だ」と皮肉る。
 
この対立をマスコミが面白がらないはずもなく、「川淵・渡邉論争」は格好のネタとなり、Jリーグ発足をピッチの外から盛り上げてしまったのである。
しかしこの論争の後味は決して悪くない。

番組で池上さんが解説で引用していたのは、川淵氏の著書『黙ってられるか』だ。川淵氏は当時を振り返って、渡邉氏への気持ちをこう述べている。
「結果としてこの論争は、Jリーグの理念を明確にして分かりやすく説明する訓練に役立った。たとえば、テレビ朝日の『ニュースステーション』にたびたび呼んでもらい、理念を話す機会をもらったりもした。
そのおかげで、地域密着や企業スポーツからの脱皮といったJリーグが目指す姿が、広く深く理解されていったと思う。

今では当たり前のようになっているプロスポーツと地域との関係だが、あの頃は『地域に根ざしたスポーツクラブ』や『スポーツを文化に』といった意味が人々に理解されていなかったのだ。
バスケットボールに関わるようになってBリーグをつくるときに、あらためて、あの論争の効果を感じた。渡邉さんがいたから、そしてマスコミがいたからこそ、Jリーグは多くの人々の理解を得られたのだ。
当時は大変な思いをしたが、今は感謝の気持ちしかない」

これは決して社交辞令ではなさそうだ。同書には渡邉氏との対談も収録されている。著書を刊行するにあたり、誰か対談したい相手はいるかと問われた川淵氏が、真っ先に名を挙げたのが渡邉氏
。その申込みを渡邉氏も即座に快諾したのである。

「独裁者対決」から四半世紀を経て、初めてじっくり話をした2人は、当時の心境などを率直に語り合っている。当時、渡邉氏は内心、論争について「勝ち目はない」と思っていた、と打ち明ける。
受験勉強や哲学書の読書ばかりやって、スポーツに疎かった「非スポーツ人間」だったから、「まさに川淵さんのようなスポーツそのもののような人と喧嘩をしても勝てるわけないんだな」と言うのだ。

「スポーツを知らない人間が、川淵さんみたいな人と喧嘩をするというのも滅茶ですよ。だからこそ勉強せざるをえなかった。
まあでも、スポーツの地域性、アマチュアリズム、プロフェッショナリズムとスポーツの関係性等々、川淵さんに対抗するためにずいぶん勉強しましたよ」(渡邉氏)

川淵氏のほうはといえば、当時「参ったなあ」と思ったものの、結果的に論争が役に立ったと思っており「ずっと感謝の気持ちを持っていましたし、それをぜひご本人に直接言わねば、と思い続けていた」と語る。

池上氏も解説していたように、結局、Jリーグの掲げた「地域密着」という理念は、今なお支持されており、プロ野球も取り入れるようになったのは周知の事実である。
現在2人の間には何ら遺恨はなく、同書に掲載されている、握手をする2人の顔は実に和やかだ。

現在進行形のさまざまな揉め事にも、こんな爽やかな結末が来ることがあるのだろうか。

3/3(日) 6:31配信 ディリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190303-00557508-shincho-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190303-00557508-shincho-000-view.jpg

222 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 01:27:57.41 ID:S+dBGizt0.net

>>218
なりすましバレて発狂の焼き豚に草

542 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 08:06:11.44 ID:d8+qX3LN0.net

まあ最近の子供達の動静を見れば
野球人気凋落は一目瞭然なんだけどな
広島市内なんて誰もカープの話ししてないぞ
今やサンフレッチェの話題で持ちきりだし
チケットはプラチナ化して数十倍で取引されてる

923 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 14:03:28.47 ID:peRCbyT70.net

サッカーは後発だからね
初期にはある程度の開発独裁は必要だよ

プロ野球は合議ですべて決まる、責任者があいまいな体制
江戸幕府とか紀元前のローマのような貴族共和制だな

50 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 00:43:31.02 ID:rWMpWvYi0.net

>>12
確か当時反Jリーグ派のライターが二つ目のリーグ設立して優位に立つ小説まがいのもの出してた。
アジアサッカー協会から直接認可受けたとかそんな内容だった記憶がある。
トンデモな話だったなあ。

343 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 03:01:44.36 ID:kgPiBiOP0.net

今になって分かることは企業に寄生するか自治体に寄生するかの違いしかなかったということ

790 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 12:04:28.12 ID:0XMkZi1j0.net

ナベツネももはや哀れみすら抱いてるかもね。
公式戦あってもキャンプどころか卓球やバドミントン以下の報道量。

757 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 11:43:46.72 ID:IZoCLqjK0.net

>>78
それなら今からでもヴェルデイを読売が買い取ってヴェルデイの保護したら?
東京オリンピックの国立跡地買い取ってヴェルデイのホームスタジアムにしたら?
代々木のサッカー場はFC東京の跡地にすればいいわけだしさ

455 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 07:10:14.55 ID:lpGtLYXp0.net

>>454
脳内妄想押し付けはやめたら
妄想でないなら誰が言ったのかソースプリーズ

815 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 12:26:42.89 ID:EdGj9Ys40.net

「ナベツネは自分と同じぐらい頭が切れる豪腕の好敵手を同じ野球界で欲しかったんじゃないか」
ってなんかずっと思ってたけどやっぱそんな気がする

722 :名無しさん@恐縮です:2019/03/04(月) 11:25:15.38 ID:yS+8NQk/0.net

>>718
野村克也は南海監督の頃に四国に移転しようと訴えていたそうで、
地方分散はサッカーの真似ではないね。
南海、近鉄は野球好きのワンマンオーナーの死去で身売りに走ったと。
バブルの狂乱地価の時代で、南海も一等地の大阪球場を運営するより他に使いたくなったと。
阪急もバブルの煽りで身売りしたようなもの。
日ハムは、札幌ドームが出来て西武のセミフランチャイズに決まりかけたところに、
東京ドームから追い出されそうな日ハムが横やりで飛び込んだと。

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG