【音楽】新鋭メタルコア・バンド、Sable Hillsが抱く野望 「メタルは迷える人たちこそが聴くべき音楽」

1 :マイソールのネコ ★:2019/09/03(火) 22:47:37.21 ID:CixaxIoU9.net
(左から)Takuya、Rick
http://mikiki.tokyo.jp/mwimgs/3/3/-/img_338df95bd33e4fe47121dab360cc334a207137.jpg

去る8月7日にリリースを迎えたSable Hillsのファースト・フル・アルバム、『EMBERS』が好評だ。2015年、東京に生まれたこの新鋭メタルコア・バンドの核は、フロントマンのTakuyaと、すべての作曲を手掛けているギタリストのRick。彼らふたりは実の兄弟であり、それぞれ24歳、22歳という若さでもある。ただ、『EMBERS』という高水準作品からは、若々しい激情のほとばしりばかりではなく、メタルの歴史を踏まえた重みや、ひと世代上のバンドかと思わせるような深みも感じられる。今回はその首謀者ふたりに、バンドの基盤にあるものから未来に向けての野望に至るまでを語ってもらった。

※省略

――これまでもコンスタントにEPのリリースを重ねてきましたよね※。それを考えると、もっと前にフル・アルバムを出すことも可能だったはずだと思うんですが。

※『Resurrection』(2016年)、『Absolute』、『Elements』(いずれも2017年)

Rick「そうですね。まさに満を持してという感じで、だいぶ待ちました。なかにはEPとかを出さずにいきなりフル・アルバムを出すバンドもいると思うんですけど、やっぱり自分としてはファースト・アルバムってすごく重みのあるものという意識があって。スリップノットにしてもスレイヤーにしても、歴史に残るファースト・アルバムを出してきたじゃないですか。だから、自分たちも1枚目は絶対にそういう重みのあるものにしたい、という想いが強かったんです。それと以前は、たとえば僕の作曲面についてもまだ未熟なところがあったりもして(笑)。カッコいいって言ってくれる人もいましたけど」

※省略

■メタルは迷える人が聴くべき音楽なんじゃないか

――つまりその時代がルーツであり、今作にとってのキーワードにもなった。ところで、兄弟で一緒にバンドをやるというのは、自然な流れで?

Rick「超自然でした(笑)。もともと、僕はバンドをやってなくて。兄は高校の軽音部でラム・オブ・ゴッドとかのコピー・バンドをやっていたんですけど、そのバンドが発展してオリジナル曲をやりだした時期に、メイン・コンポーザーが抜けることになったんです。で、彼らのまわりに曲を作れる人間が僕しかいない、と。それで無理やり入れられました(笑)」

※省略

――さて、この先に向けてはどんな野望や願望を抱いていますか?

Takuya「今回のアルバム・タイトルが意味するのは、あくまで種火なんです。で、その種火は僕たちが作ったわけじゃないですか。これからはその火をバンドの力だけじゃなくて、バンドをサポートしてくれるレーベルや、リスナーの人たちと一緒に、いかにもっともっとデカい炎にしていくか。それが重要だなと思ってます」

Rick「そのためにもやっぱり、まずはメタルのフェスに出たいんです。いままでもいくつかフェスとかイヴェントには出てきたんですけど、僕ら自身が足を運んできたようなフェスにはまだ出たことがなくて。そういう場に、オーディションとかで勝ち抜いて出ていくんじゃなく、名を連ねるべきバンドとして自然に名前が出てくるような状況を作っていきたい、という気持ちがすごくあります」

Takuya「もう少し言うと……小学校の頃、習い事とかをしても全然身が入らなくて、自分が何をやったらいいのかまるでわからない状態だったんですね。で、中学ではサッカー部に入ったんですけど、サッカーをやってはいても、なんか心のなかに空洞がある感じで。音楽については、中1の時に初めてiPodを買って、BUMP OF CHICKEN、ELLEGARDENとか邦楽の人気なバンドを聴いてカッコいいなと思ったところで止まってたんですよ。

そんな時、〈バンドが好きならこれを聴いてみなよ〉って父親からメタリカの『St. Anger』(2003年)のCDを手渡されたんです。それを聴いた時に、心の隙間が埋まったというか。初めてヘヴィメタルっていうものに触れて、それまで聴いてきた音楽とは違うアグレッシヴで暴力的な音を聴いて、心に空いた穴が埋まったみたいな気持ちになったんです。だからメタルに救われたとまで言ってしまうとちょっとアレですけど、その経験から自分が思うのは、メタルって、自分自身の人生が上手くいってないとか物足りなさを感じてる人たち、何かをまだ探してる人たちこそが聴くべき音楽なんじゃないか、ということなんです。(続きはソース)

Mikiki 2019.09.02
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/22758

137 :名無しさん@恐縮です:2019/09/06(金) 19:27:45.21 ID:CGrxvxS90.net

>>136
KsE外すとはけしからんな
そこから派生してメロデス再評価に繫がる流れがある

16 :名無しさん@恐縮です:2019/09/03(火) 23:22:10.97 ID:NcTeaAzL0.net

楽器演奏するメタルファンだって
30年前の曲を繰り返し聴いてるコピーしてるだけで

別にメタルなんて興味ないんだよ
青春時代の懐メロ聴いてノスタルジーに浸ってるだけで

ごめんなさい、今まで無理してメタル好きとか言ってました
素直になってアイドル聴けばいいと思うよ

133 :名無しさん@恐縮です:2019/09/06(金) 18:59:55.08 ID:9nFypBXm0.net

なぜ皆「生活費以上のお金を稼ぐこと」にそんなに興味を持てるのか
http://bxka.co.jp.boblove.org/s6dk9ot7ano/2450129

114 :名無しさん@恐縮です:2019/09/05(木) 23:43:19.93 ID:rRCcRWv90.net

どうしてメタル好きの人は頭髪が薄いの?

87 :名無しさん@恐縮です:2019/09/04(水) 14:40:27.71 ID:69dupyoe0.net

>>27
細分化が進んでてそんな時代ではない

>>37
メタルコアはニュースクールハードコアのShai Hulud及びメロデスのAt The Gatesに影響を受けた一派
或いは80年代の日本産メタルパンクの当時の名前
Cocobatをメタルコアに括るくらいならジャンルの看板つけないで話したほうが相手を混乱させない

SLAYERを高速ヘヴィサイケと評するより更に理解が得られないと思うよ

8 :名無しさん@恐縮です:2019/09/03(火) 23:04:21.73 ID:NcTeaAzL0.net

メタルって
ギターとドラム演奏する人以外に魅力ないだろ?

メタル聴いてるだけの奴って
何が楽しくてメタルなんて聴いてるのか
理解不能だね

26 :名無しさん@恐縮です:2019/09/03(火) 23:41:19.15 ID:+W4cozaZ0.net

メタルは漢の子守唄

126 :名無しさん@恐縮です:2019/09/06(金) 13:12:54.19 ID:TWQU2cDPO.net

>>124
ハードブロウより抜粋

「メス〜ブタ追いかけセックス!セックス!セッセッセックス!いい加減に〜しなさいよ〜」ww

22 :名無しさん@恐縮です:2019/09/03(火) 23:37:51.04 ID:NcTeaAzL0.net

メタルコア聴くなら
ノリ的にデジコアアイドル聴いた方が楽しいと思うけどね

「ワタシ、ムゲンダイ」なんて面白いぞ
https://youtu.be/5PNEmDsLobU

この辺りの地下アイドルシーン盛り上げると
大騒ぎできるライブ堪能できるぞ

63 :名無しさん@恐縮です:2019/09/04(水) 01:57:51.55 ID:kQQpqLlW0.net

メタルが
いたいけな少女を
あやつって
金儲けしてはいけないと思いまつ(´・ω・`)

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG