【音楽】「1990年代生まれが作る渋谷系プレイリスト」 オカモトコウキ、BIM、松尾レミら9人が“あの頃”を再解釈

1 :湛然 ★:2019/12/28(土) 23:07:04.07 ID:oEEsmRAF9.net
2019年12月27日 20:45
「1990年代生まれが作る渋谷系プレイリスト」 オカモトコウキ、BIM、松尾レミら9人が“あの頃”を再解釈
https://natalie.mu/music/column/361381

1990年代に日本の音楽シーンで起きた“渋谷系”ムーブメントを複数の記事で多角的に掘り下げていく本連載。第8回は1990年代生まれのアーティストによる“自分にとっての渋谷系”をテーマにしたプレイリストを掲載する。渋谷系カルチャーが確立された時期に幼少期を過ごした彼らは、20代になった今、渋谷系の音楽をどのように捉えているのか。オカモトコウキ(OKAMOTO’S)、島田翼(PRIZMAX)、テンテンコ、Natsuki Kato(Luby Sparks)、原田晃行(Hi, how are you?)、BIM(THE OTOGIBANASHI’S)、PORIN(Awesome City Club)、松尾レミ(GLIM SPANKY)、MICO(SHE IS SUMMER)の9人に、渋谷系をテーマに1990年代に発表された楽曲のみでプレイリストを作ってもらった。

イラスト / 小山ゆうじろう 構成 / 瀬下裕理

◆オカモトコウキ(OKAMOTO’S)
プレイリスト名 (リアルタイムではない世代による)渋谷系

01. THE SUN IS MY ENEMY / 太陽は僕の敵(Cornelius / 1993年)
02. ベイビィ・ポータブル・ロック(ピチカート・ファイヴ / 1996年)
03. United Future Airlines(United Future Organization / 1994年)
04. クールクラブへようこそ(ROUND TABLE / 1999年)
05. It’s a Beautiful Day(カーネーション / 1995年)
06. 星空のドライヴ(サニーデイ・サービス / 1994年)
07. Getting Over You(藤原ヒロシ / 1994年)
08. KNOCKIN’ ON YOUR DOOR(L⇔R / 1995年)
09. Cold Summer(Buffalo Daughter / 1996年)
10. ラブリー(小沢健二 / 1994年)

◆島田翼(PRIZMAX)
プレイリスト名 再解釈するカルチャーハブ的音楽

01. Go Go Round This World!(フィッシュマンズ / 1994年)
02. invisible man(ORIGINAL BROWN)(MONDO GROSSO / 1994年)
03. 春はまだか(浜田雅功 / 1997年)
04. ニッポンへ行くの巻(ユニコーン / 1991年)
05. パンと蜜をめしあがれ-JP version(クラムボン / 1999年)
06. REALIZE(Main)(bird feat. SUIKEN + DEV LARGE / 1999年)
07. 情熱(UA / 1996年)
08. Blow Your Mind -森オッサン チョイチョイ キリキリまい(GEISHA GIRLS / 1995年)
09. (E)na(岡村靖幸 / 1990年)
10. CITY FOLKLORE(Remix of The Maiku Hama Theme)(KYOTO JAZZ MASSIVE / 1994年)
11. 東京は夜の七時(ピチカート・ファイヴ / 1993年)

◆テンテンコ
プレイリスト名 テンテンコの渋谷系

01. STAR FRUITS SURF RIDER(Cornelius / 1997年)
02. Speaker(OOIOO / 1997年)
03. Fitting(Motorhead and fuck version)(SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER / 1996年)
04. Pikadom(想い出波止場 / 1997年)
05. LI303VE(Buffalo Daughter / 1996年)
06. Rocket to DNA(Noise Ramones / 1999年)
07. コジコジ銀座(ホフディラン / 1997年)
08. 0718 アニ ソロ[Remixed by 暴力温泉芸者](スチャダラパー / 1995年)
09. 今夜はブギー・バック(smooth rap)(スチャダラパー featuring小沢健二 / 1994年)

※各リストのコメントは省略

273 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 03:49:30.28 ID:8SnvmtE30.net

渋谷系縛りだからダサいだけだからな
若いのにダサい趣味してるねとか野暮な事を言うんじゃあないよ

421 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 09:30:03.04 ID:aRGTpgcG0.net

>>412
アシッドジャズが流行りだしてから
そのへんのカフェバー的なのは急にダサいものになって
触れられなくなったからだな。

本国では同じルーツというか繋がってるんだけどね
サウンドがあえて70年代ぽい古臭い感じに変化したんだよな

641 :名無しさん@恐縮です:2019/12/30(月) 15:07:10.97 ID:EiAyhhuc0.net

>>639
スティングはポリスでもボーカルだっただろ
ブリッジって女性ボーカルのバンドだったんだぞ

335 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 06:05:20 ID:dr5h4iX00.net

クラブなら下北ZOOのラブパレードとか、
渋谷インクスティックのジャズインだっけ?

大型ショップなら109時代のHMVと六本木WAVE
ここらに出入りしてた人間はどっぷり渋谷系

242 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 03:24:29.48 ID:Ll4dLo7R0.net

>>237
東急ハンズいく

582 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 21:05:49.08 ID:91S+XIQY0.net

>>68
まあ一言で言えばスノッブなんだろうけど、別にそれを気取ってカッコイイ、とか思ってる訳でも
誰かにマウント取ろうとしてる訳でもなくてね。

何かセカイノオワリだっけ?音楽そのものには興味はないけど、同世代の他のギターバンドたちを
いつまでそんなことやってるんだ?みたいに批判した、みたいなニュースを見ていつの時代も
やってることは変わらんなあ、とむしろ安心したんだけどw、そのバンドが最近オザケンとコラボした
訳でしょ?流れはしっくり来るよね

316 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 05:20:27.30 ID:gQ1uiAEe0.net

>>314
日本ではフォロワーが余り居なくて
むしろご本人たちが裏方に回ってアイドルやアニソンに遺伝子を残してるけど

韓国やインドネシアなどのインディーに渋谷系フォロワーが色々要るらしいってのがなんか不思議だね。
まあ当時のイギリス人やアメリカ人が日本で90年代にいきなりネオアコとソフトロックが流行ってると聞いたらこんな気持ちにもなったのだろうな

562 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 16:46:32.88 ID:gQ1uiAEe0.net

>>556
役に立てて嬉しい。
https://youtu.be/dT3-libuPa8
こっちの可能性もある
https://youtu.be/ijLoLk2kJrc

354 :名無しさん@恐縮です:2019/12/29(日) 07:26:08.03 ID:dr5h4iX00.net

でも田島こそが渋谷系が渋谷系たる、ど真ん中な存在なんだよなw
渋谷インクスティックの田島とか荏開津広とかのイベントの動きが渋谷系界隈のレアグルーブ好みを伝播させた訳で

そしてそこから四半世紀経った今でも、田島は真夏のしぶやの祭りとか嬉々として出てる
小西もなんだかんだ言われても、今でも渋谷のオルガンバーでアナログ回してるしな

640 :名無しさん@恐縮です:2019/12/30(月) 14:07:38.02 ID:8hyiZE/p0.net

>>13
高2だな
いか天でマルコシアスバンプにはまって
その影響でT.REX聴きまくってたなあ

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG