【話題】アイフル・チワワ俳優だけじゃない!「非道DV報道」太一、ジョージ、元純らも

1 :牛丼 ★:2020/01/05(日) 11:27:30.61 ID:JTfZe63f9.net
かわいらしいチワワに胸ときめかせる、アイフルのCMに出演していた俳優の清水章吾(76)が、40年にわたって元妻と娘にDVを行っていたと、12月25日発売の『週刊新潮』(新潮社)が報じ、衝撃が走っている。

 清水は1980年に、ドイツ人で元モデルのAさん(69)と結婚し、連れ子の娘・Bさん(45)を養子縁組している。しかし、その後に生まれた実の娘とBさんを露骨に差別をしていたとされる。

 Bさんは日常的に水風呂に入れられる、髪の毛を根元から切られるといった暴力を清水から受けており、男の子のような髪の毛のせいで、学校でイジメに遭うと、清水はどんなイジメを受けたのかを聞いて喜んでいたと『週刊新潮』は報じている。

 さらに、食事は他の家族の食べ残した残飯に三角コーナーに捨ててあった野菜や茶葉を盛りつけ、タバスコやワサビ、辛子をふりかけたものを床で食べさせられていたというから、その虐待ぶりは壮絶を極める。

 娘のBさんだけではない。元妻のAさんも清水のDV被害者だ。

 以前、夫婦でテレビ番組に出演した際、Aさんは「お小遣いをくれない」「10年に1度しか下着を買ってくれない」といった“鬼嫁キャラ”に仕立てられてしまったこともあったというが、すべて清水とテレビ局が考えた嘘。本当はAさんが清水からの暴力に苦しんでいるにもかかわらず、ネットではAさんが叩かれ、精神的に辛かったと『週刊新潮』では報じている。

「3年前には、画家として生計を立てているAさんとBさんのアトリエを勝手に見知らぬユーチューバーに撮影させようとした清水の提案を断ると、清水は激高し、“ぶっ殺すぞ”と大暴れして、止めに入ったBさんの顔を殴り、警察沙汰になったこともあったといいます。

 警察の介入があった際には、清水が“今後二度と暴力を振るわない”という念書を書いたものの、現在も清水のDVは続いているようです。『週刊新潮』によると、今年11月に、離婚が成立したにもかかわらず、清水は家を出ていかず、AさんとBさんは、部屋の鍵を締めて、怯えながら生活しているということですが、早く平穏無事な生活を送れるようになるといいのですが……」(芸能記者)

続きまーす
https://taishu.jp/articles/-/71385?page=1

65 :名無しさん@恐縮です:2020/01/06(月) 11:59:12.34 ID:LTmuRPkD0.net

四季報記者が注目する2020年大化け期待の30銘柄

http://quyia.suricatta.biz/824887n5/rb2xlsvbgms1gn.html

63 :名無しさん@恐縮です:2020/01/06(月) 04:18:13.99 ID:0lmGGQ4x0.net

四季報記者が注目する2020年大化け期待の30銘柄

http://quyia.suricatta.biz/r0vm71l/kaz20b3qsk7a3c.html

14 :名無しさん@恐縮です:2020/01/05(日) 11:37:18 ID:x4xGcaPV0.net

何でもないようなことが幸せだったと思う

49 :名無しさん@恐縮です:2020/01/05(日) 13:48:56.01 ID:oaoNu+1o0.net

>>2
>早乙女が、複数回にわたって
>西山の頭をガードレールに叩きつけながら、
>“お前と一緒にいたいんだよ!”と叫んだという痴話ゲンカ

まじキチwwww

10 :名無しさん@恐縮です:2020/01/05(日) 11:35:22.36 ID:u4kSRVKF0.net

大体同じ感じの奴ら 外面は良い

68 :名無しさん@恐縮です:2020/01/06(月) 13:19:29.57 ID:Caducezv0.net

暴力の後の優しさ
この落差に女はハマる

43 :名無しさん@恐縮です:2020/01/05(日) 12:24:21.05 ID:Vhr/VtFE0.net

>>4
殺しはしないけど納屋に100匹の怯えたチワワが…

41 :名無しさん@恐縮です:2020/01/05(日) 12:17:06.49 ID:aJIKztXO0.net

ジョーンジーは三船の借金返したからな

2 :牛丼 ★:2020/01/05(日) 11:28:10.54 ID:JTfZe63f9.net

>>1
■早乙女太一、高橋ジョージ、元純烈も

 ただ芸能界のDV沙汰は清水だけではない。過去には、こんな芸能人のDV報道もあった。

 俳優の早乙女太一(28)は、元妻の西山茉希(34)と交際中の2012年、路上でのDVを『女性自身』(光文社)によって報じられたことがあった。

「泥酔して“もう別れよう!”と泣き叫ぶ西山に、眼光を鋭くした早乙女が、複数回にわたって西山の頭をガードレールに叩きつけながら、“お前と一緒にいたいんだよ!”と叫んだという痴話ゲンカ報道でした。その後、早乙女は“二度と同じことがないよう、同じ繰り返しをしないことを肝に銘じて一緒に歩んで行きたい”と自身のブログでコメントを発表しました。

 2人は2013年に結婚し、2児をもうけたものの、2019年6月に離婚。結婚後は西山のインスタグラムに早乙女と娘の写真をアップするなど仲睦まじい様子も見られました。離婚は、早乙女のDVが直接的な原因ではないようです」(前出の芸能記者)

 2016年に三船美佳(36)と離婚した高橋ジョージ(61)にも疑惑が報じられた。

「2人の離婚原因は高橋のモラハラだとささやかれていましたが、2015年の『週刊女性』(主婦と生活社)では、高橋の“経済的DV”疑惑が報じられました。結婚してからずっとお金のやりくりは高橋がしていて、三船は仕事が終わったらまっすぐ家に帰り、高橋が家にいる間は仕事以外で外出することはほとんど許されなかったといいます。

 16歳で結婚した三船は、それが普通の夫婦関係ではないことが分からなかったのかもしれません。記事では、三船の友人の“美佳は芸能人とは思えないほど、とても質素な生活をしていましたよ”というコメントも掲載され、印象的でした」(前同)

 2年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場した純烈の元メンバー・友井雄亮(39)は、結婚していないものの、交際女性へのDVが報じられた。

「2019年1月発売の『週刊文春』(文藝春秋)によると、友井は交際相手のC子さんにたびたび暴力をふるい、さらに妊娠していたC子さんが流産してしまうと、“逆によかったやん”と、心ない言葉で彼女を深く傷つけたそうです。また2016年頃にD子さんという40代の女性とも交際しており、D子さんの貯めていた3000万円を友井が使い込んだとか。

 友井は『週刊文春』報道後に、会見を開き、記事を認めたうえで、“純烈のスローガンに反する行動をしてしまった。純烈を脱退し、芸能界から身を引きます”と引退を発表しています」(同)

 これ以上、DV被害が増えないことを願いたい。

59 :名無しさん@恐縮です:2020/01/05(日) 18:09:11 ID:S4ltW5qa0.net

DVといえばキングコング梶原

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG