【特撮】円谷プロ 米国でのウルトラマン著作権裁判で勝訴確定

1 :臼羅昆布 ★:2020/03/10(火) 16:36:37 ID:pbImQTE/9.net
2020年3月10日 15時37分
https://news.livedoor.com/article/detail/17942763/

円谷プロダクション(以下、円谷プロ)は10日、「ウルトラマン」シリーズをめぐり米ユーエム社と係争中だった著作権関連裁判に関して、書面を発表。
現地時間の2019年12月5日に、アメリカ合衆国第9巡回区控訴裁判所において円谷プロの勝訴判決が出され、2020年3月4日までにユーエム社から上告がなされなかったことから、
「ウルトラマン」キャラクターに基づく作品や商品を展開する一切の権利について、日本国外においても円谷プロが有すると確認され、権利侵害に対する損害賠償も認めた判決が確定した。
同裁判は、1976年に円谷プロの代表者であった円谷皐氏が署名した契約書(以下、文書)が存在し、同文書に基づいて許諾された「ウルトラマン」シリーズの日本を除く全世界での利用権を、
タイ人実業家であるサンゲンチャイ・ソンポテ氏からユーエム社が承継したと主張していたもの。
ユーエム社側は同文書に基づき、15年5月18日付にて円谷プロ側に同権利の帰属確認と損害賠償の支払いを求め提訴。
円谷プロ側も同年9月11日付にてユーエム社および同社のライセンシーらに対し、権利帰属および損害賠償請求の反訴を提起していた。
第一審となる地方裁判所において、ユーエム社側が主張する1976年の書面が真正に作成されたものではないという円谷プロの主張を全面的に認める判決が下された。
これにより、円谷プロが「ウルトラマン」キャラクターに基づく作品や商品を日本国外においても展開する一切の権利を有することが確認されたほか、
ユーエム社による権利侵害に対する損害賠償などが認められた。
この一審判決を不服としてユーエム社が2018年5月7日に控訴していたが、19年12月5日の控訴裁判所においても、一審判決および陪審員の評決が全面的に認められ、円谷プロが勝訴。
20年3月4日の期限までにユーエム社側から上告がなされなかったため、勝訴判決が確定した。
円谷プロは、勝訴確定を受け「現在進めているウルトラマン作品の積極的な海外展開をより一層強化し加速させていく所存でございます」としている。

■円谷プロダクション コメント
本件訴訟における確定判決は、長い時間と膨大な労力をかけた精緻(せいち)な証拠開示手続きに加え、各当事者の主張を補完する多数の証人の証言、
筆跡鑑定の専門家の鑑定意見等を経て出された結果であり、極めて高い信頼性と真実性が伴ったものであります。
この判決を踏まえ、現在進めているウルトラマン作品の積極的な海外展開をより一層強化し加速させていく所存でございます。
お取引先様、ご関係者様、ウルトラマンシリーズファンの皆様におかれましては、今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/1/11558_760_2157179_20180424_121216_size640wh_8332.jpg
ウルトラマン

97 :名無しさん@恐縮です:2020/03/12(Thu) 20:09:57 ID:nXljKHQR0.net

>>94-96
ウルトラマンミレニアムが頓挫したのはタイ国内の裁判でチャイヨーにウルトラマンの著作権と新作の制作権は
ないとされたうえで契約書が偽造と認定されたからだよ。
あと、日本の裁判で負けたのは本物の印鑑(子会社のものだけど)が押してあったというのが大きい。
アメリカやタイでは印鑑は重視されないからサインの筆跡鑑定が争点になった。

7 :名無しさん@恐縮です:2020/03/10(火) 16:41:58.55 ID:jvJTL/C20.net

ウルトラリンチ

ウルトラシリーズにおける、劇場版のお約束。ごく稀にテレビ版でも披露されることがある。

概要

一度に複数のウルトラ戦士で1体の怪獣を相手に戦うこと(よって厳密には私刑を意味するリンチではなく「集団リンチ」の広義の意味合いの方である)。

最も有名なのはハヌマーンとウルトラ6兄弟が行ったゴモラへのリンチかと思われる。
逆に言えばそこまでしなければ倒せないほどのチートスペックの持ち主であるという表現であることも多く、
戦闘の中盤までは敵の圧倒的な戦闘力を前に窮地に陥っていたというケースや、終始相手に圧倒され、結局返り討ちにされてしまったというケースも決して少なくない。
そのためなのか、ライダーリンチと比べるとネタにされることは少ないようである。

主な被害者

3人以上で1体の怪獣と戦闘したもののみ記載(2人で1体の怪獣と戦ったケースはこれ以外にも数多く存在する)。

ヤプール&ヒッポリト星人(内山まもる版ウルトラマンA)
テンペラー星人(ウルトラマンタロウ)
グランドキング(ウルトラマン物語)
ゴモラ(ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団)

61 :名無しさん@恐縮です:2020/03/10(火) 20:37:47 ID:UCW/lbRA0.net

セブンの12話なんて何の問題もない
クレーマーに屈した黒歴史

78 :名無しさん@恐縮です:2020/03/11(水) 01:02:29 ID:yOlFd3IE0.net

ユーエム
>無能な弁護士め…もう奴にはハヌマーン!

96 :名無しさん@恐縮です:2020/03/12(木) 19:22:07.84 ID:9LQ6dP+O0.net

>>93
読み返したら、誤解招く書き方だったね
私が言いたかったのはウルトラマンの企画に最初からチャイヨーは参加してた。そしてその理由として、デザインにも関係したと直ぐにバレるうそを付くような連中の主張を日本の司法が認めたってこと

24 :名無しさん@恐縮です:2020/03/10(火) 16:48:18.52 ID:u/VkurTM0.net

一方、
中国では必ず負けるこの手の裁判www

94 :名無しさん@恐縮です:2020/03/12(木) 19:15:03.67 ID:9LQ6dP+O0.net

>>93
あ?
日本だけ負けたんじゃないの?
エリートやミレミアムもいない事になったはずじゃないの?

33 :名無しさん@恐縮です:2020/03/10(火) 16:52:29.02 ID:+gzJ6P0g0.net

↓猫と戯れるウルトラマンの画像

43 :名無しさん@恐縮です:2020/03/10(火) 17:08:28.81 ID:Ov21tRvY0.net

>>39
こういう真っ当な意見を「老害のたわ言」みたいな感じで揶揄したキャラを出してきて
いよいよ今のウルトラが信じられなくなってきた
ファンも妙に信者じみてるのが多いし

44 :名無しさん@恐縮です:2020/03/10(火) 17:15:00 ID:xAdnJGCT0.net

>>9
最近の日本の奴より良いじゃん!とまで思った

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG