【サッカー】「僕らはウイルスを軽視しすぎた…」アタランタの知性派MFがイタリアの“コロナ禍”に戦々恐々

1 :伝説の田中c ★:2020/03/21(土) 22:02:48 ID:4TlE0bPk9.net
 今、世界中で様々な問題を引き起こしている新型コロナウイルス。世界保健機関(WHO)が、パンデミックを宣言するなど、猛威を振るい続けている。

 そんなコロナ禍の影響で、サッカー界にも多大な損害がもたらされた。なかでも、数多くの感染者が報告されているイタリアでは、ユベントスのダニエレ・ルガーニに陽性反応が出たのをはじめ、多くの選手の感染が報告され、セリエAをはじめとする全ての公式戦の延期が決まった。

 感染状況の拡大に伴い、再開の目途は立たっていない。そんな非現実的な日常に、選手たちも戦々恐々としている。アタランタに所属するドイツ人MFロビン・ゴゼンスは、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、「恐怖を感じている」と漏らした。

 というのも、アタランタの本拠地ベルガモがあるロンバルディア州は、イタリア国内でも感染が特に広がっている地域なのだ。ゴゼンスは次のように街の様子を語っている。

「ロンバルディア州は感染の中心であり、他のヨーロッパの地域でこれほど深刻なケースが出ていないことを耳にしたときは恐怖を感じた。その日に僕はこう言い聞かせたんだ。『わかった。以前は武漢であり、遠く離れていたけど、今はここなんだね。いま、僕らは危険に晒されているんだ』とね。恐怖があるのは近隣の地域だけではなく、ゴーストタウンのようになってしまったベルガモも、だ」

 大学で心理学を学ぶなど知性派として知られるMFは、さらにこう続けている。

「僕らはみんな、新型コロナウイルスを軽視しすぎた。僕も最初はそうだったよ。せいぜいインフルエンザ程度だろうとね。

 だから出かけたり、レストランへ行ったり、友人に会いに行ったりもしていた。でもこれほどの脅威だとは、これほどの力があるとは、誰もが思ってもいなかった。これだけ多くのケースが出てきて、ようやく理解することができた……」

 いまだに感染者が増え続けているイタリア。それだけにカルチョで戦う選手たちも心中穏やかではないだろう。いまはただ、多くの人々が普通の生活を取り戻せるようになることを願うばかりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200317-00010004-sdigestw-socc

78 :名無しさん@恐縮です:2020/03/22(日) 00:41:15 ID:q5Gb2NLV0.net

キエッリーニはトリノ大学卒

65 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 23:09:16.29 ID:YI/3TrZX0.net

アスホールとかメスイキみたいな奴が多数派の国とか地獄のような何かだな

71 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 23:40:35.73 ID:yCd/2kgMC

日本の上とかいうエセ医者はイタリアの客船下船対応評価してたぞw
その結果が悲惨な事になってるけど

66 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 23:10:15.72 ID:I27dhgEo0.net

イタリアで流行ってるのは最恐レベルに進化してるそうね

49 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 22:33:15 ID:Ltl/eKDO0.net

アタランタと言えばガンツが好きだった
見た目男臭いインザーギタイプで

53 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 22:38:32.60 ID:SeZaaprE0.net

>>24
もう中国が国内の移動を制限して土人文化が残る地域は隔離するべき

31 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 22:22:32 ID:mQiclsU20.net

ついこの前にはイギリスが「東京の代替にイギリスで五輪を」とかぬかしていたよな

3 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 22:04:57 ID:1FTGY2Bl0.net

コロナ禍←今更だけどこれなんて読むの?(´・ω・`)

13 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 22:07:41 ID:mewRHymD0.net

中国の命令でWHOが大したことないアナウンスを繰り返したから洗脳されたんだろう

35 :名無しさん@恐縮です:2020/03/21(土) 22:24:52 ID:wpt2Ai2M0.net

肺炎というのは大きく分けて、 
細菌感染(誤飲によるもの)と、 
今回のようなウィルス感染によるものとがあり、 
肺炎であるかどうかは、レントゲンでもわかる。 
 
しかし、ウィルスによるものなのかや、 
どのウィルスによるものなのかは、 
PCR検査だとかをしないとわからない。 
 
肺炎の死者数は、厚労省のデータによると 
このところは年間約5万人とされているが、 
その全員について、ウイルス検査までは行っていない。 
 
このことは、 
国や自治体が公表している検査数と照らしても明白である。 
 
これまで公表された感染者の情報、 
特に、死亡後に判明したケースをみていくと、 
「濃厚接触者」しか検査をしていないのではないかと思えてくる。 
 
与党の関係者は、死亡者数が少ないことを挙げて、 
抑え込みに成功していると喧伝しているけれども、 
そうであるならば、ベッド数は今のところ足りているわけだから、 
もう少し検査をしてもいいような気がする。 
 
生きている感染者も、死亡した感染者も、 
全員検査しているわけじゃないのなら、 
押さえ込めているだなんていえるのだろうか。 
 
ベッド数が普段から足りていなくて、 
仕方ないから検査を避けているというのは、 
あまり自慢できるようなことだとは思えない。 
 
うまくいっているのだとすれば、 
それは国民一人一人が 
危機感を持って対応してきたからなんじゃないだろうか。 
 
その点に関しては、行政やマスメディア、御用学者が 
怪しい態度を取り続けてきたことが役に立っていると 
言えるのかもしれない。 
 
国民目線で言うと、こと検査体制については、邪魔しているだけなんだよ。 
それをもって『仕.事をしている』とはとんでもない話だ。 
国民を大量虐殺して、血税をすすっているということなんだから。 

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG