【話題】七人の侍から万引き家族まで!英国映画協会が選ぶ、1925〜2019年の優れた「和」日本映画95本★2 [牛丼★]

1 :牛丼 ★:2020/05/17(日) 10:55:53 ID:fPPxbJbc9.net
[映画.com ニュース] 英国映画協会(BFI)が、1925年から2019年にかけて、それぞれの年の優れた日本映画を選定したリストを発表。計95本の多彩な作品がナインナップされている。

伝統的なトップ100などのランキング形式ではなく、年ごとにベスト作品を選ぶ形式とした理由について、BFIのサイト内では「特定の黄金時代やニューウェーブ、Jホラーや現代アニメの台頭などの要素を踏まえた上で、より革新的なものを示したかった」と語られており、今でも入手可能な作品という観点から、1925年をスタートの年に設定したという。

なかでも、54年を「史上最高の年」と位置づけている。リストでは黒澤明監督の「七人の侍」が選ばれているが、溝口監督の「山椒大夫」「近松物語」、成瀬巳喜男監督の「山の音」「晩菊」、木下惠介監督の「二十四の瞳(1954)」、五所平之助監督の「大阪の宿」、稲垣浩監督の「宮本武蔵(1954)」、「ゴジラ」第1作などが同年に製作されており、「1年に1本」というルールに基づいた選定は困難を極めたようだ。「同じ監督の作品が2本以上選ばれているケースは稀なことから、日本映画の豊かさを感じられるリストになった」と締めくくっている。
リストは、以下の通り。

【1925年〜29年】
「雄呂血」(二川文太郎監督)
「狂った一頁」(衣笠貞之助監督)
「忠次旅日記」(伊藤大輔監督)
「十字路」(衣笠貞之助監督)
「学生ロマンス 若き日」(小津安二郎監督)

【1930年代】
「何が彼女をさうさせたか」(鈴木重吉監督)
「マダムと女房」(五所平之助監督)
「生れてはみたけれど」(小津安二郎監督)
「港の日本娘」(清水宏監督)
「隣の八重ちゃん」(島津保次郎監督)
「妻よ薔薇のやうに」(成瀬巳喜男監督)
「祇園の姉妹(1936)」(溝口健二監督)
「人情紙風船」(山中貞雄監督)
「花ちりぬ」(石田民三監督)
「残菊物語(1939)」(溝口健二監督)

【1940年代】
「小島の春」(豊田四郎監督)
「簪(かんざし)」(清水宏監督)
「ハワイ・マレー沖海戦」(山本嘉次郎監督)
「無法松の一生(1943)」(稲垣浩監督)
「陸軍」(木下惠介監督)
「桃太郎 海の神兵」(瀬尾光世監督)
「歌麿をめぐる五人の女(1946)」(溝口健二監督)
「安城家の舞踏会」(吉村公三郎監督)
「蜂の巣の子供たち」(清水宏監督)
「晩春(1949)」(小津安二郎監督)

【1950年代】
「羅生門」(黒澤明監督)
「めし」(成瀬巳喜男監督)
「西鶴一代女」(溝口健二監督)
「東京物語」(小津安二郎監督)
「七人の侍」(黒澤明監督)
「乳房よ永遠なれ」(田中絹代監督)
「狂った果実(1956)」(中平康監督)
「幕末太陽傳」(川島雄三監督)
「巨人と玩具」(増村保造監督)
「野火(1959)」(市川崑監督)

【1960年代】
「裸の島(1960)」(新藤兼人監督)
「不良少年(1961)」(羽仁進監督)
「切腹」(小林正樹監督)
「にっぽん昆虫記」(今村昌平監督)
「砂の女」(勅使河原宏監督)
「飢餓海峡」(内田吐夢監督)
「とべない沈黙」(黒木和雄監督)
「殺しの烙印」(鈴木清順監督)
「絞死刑」(大島渚監督)
「薔薇の葬列」(松本俊夫監督)

【1970年代】
「エロス+虐殺」(吉田喜重監督)
「書を捨てよ町へ出よう」(寺山修司監督)
「女囚さそり 第41雑居房」(伊藤俊也監督)
「仁義なき戦い」(深作欣二監督)
「サンダカン八番娼館 望郷」(熊井啓監督)
「不知火海」(土本典昭監督)
「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」(田中登監督)
「幸福の黄色いハンカチ」(山田洋次監督)
「鬼畜」(野村芳太郎監督)
「太陽を盗んだ男」(長谷川和彦監督)

【1980年代】
「ツィゴイネルワイゼン」(鈴木清順監督)
「泥の河」(小栗康平監督)
「転校生」(大林宣彦監督)
「家族ゲーム」(森田芳光監督)
「お葬式」(伊丹十三監督)
「火まつり」(柳町光男監督)
「夢みるように眠りたい」(林海象監督)
「ゆきゆきて、神軍」(原一男監督)
「AKIRA」(大友克洋監督)
「鉄男」(塚本晋也監督)

 ★依頼ありました
https://eiga.k-img.com/images/buzz/84261/508ba2436bdd58d1/640.jpg
https://eiga.com/news/20200516/6/

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589666741/

495 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 16:16:03 ID:BCMQkZuA0.net

>>374
たけし映画は唯一ブラザーだけは好き。
あの退廃感というか死に急ぐ感がいい

487 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 16:08:06 ID:5hxWSupT0.net

日本映画が一番不況だった90年代に、ソナチネ、CUREとか三池のDEAD OR ALIVEみたいな狂った映画がそれなりに予算をかけて制作されていたのは不思議だったな

175 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 12:24:26 ID:749QNMJs0.net

>>168
たけしが影響受けまくってるな

566 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 16:59:10 ID:7auoTygm0.net

近年だと、霧島部活〜や下妻物語、冷たい熱帯魚あたり入ってもよさそうだ

707 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 19:23:18 ID:91Z8wqS90.net

>>698
雁の寺は原作といい今だったら作れなさそうな題材だよねw
ラストでちょっとえ?ってなる

819 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 22:34:10.43 ID:ONH9MZzU0.net

熊井啓のサンダカン八番娼館 が入ってるのは評価する
どうせなら斎藤耕一の約束も入れて欲しかった

230 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 12:43:53 ID:HN48VUcm0.net

>>197
これにはランキングなしかよ、青木く〜ん

542 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 16:43:00 ID:gP19yfBr0.net

>>539
ヤクザみたいな男社会でのし上がって来た人達だから才覚がないと渡り合えなかっただろうね
久我美子みたいな人は別格だが

347 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 14:15:41 ID:hZh8sF8H0.net

全然関係ないけど黒人教会銃乱射事件の確定犯が大好きだった映画が
園子温のヒミズだったんだよな
https://www.thedailybeast.com/himizu-how-charleston-terrorist-dylann-roof-missed-the-point-of-his-favorite-film

159 :名無しさん@恐縮です:2020/05/17(日) 12:21:07.99 ID:Fq46RDwp0.net

坂の上の雲の話をしてて高橋秀樹 柄本明良かったなぁなんて、連休中 二百三高地をたまたま再見。いや 丹羽哲郎 仲代達矢素晴らしいの。ウカツなことは言わんほうがいいな なんてw

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG