【音楽】#TOTO  「Africa」のヴァーチャル・セッション映像公開 [湛然★]

1 :湛然 ★:2020/06/23(火) 22:54:32 ID:oDFyDb0k9.net
TOTO 「Africa」のヴァーチャル・セッション映像公開
2020/06/23 07:25 amass
http://amass.jp/135985/

※映像はコチラから。
Toto – Social Distancing “Africa” | Facebook
https://www.facebook.com/totoband/videos/196138198368612/

TOTOは、各メンバーがそれぞれの自宅からリモート参加したヴァーチャル・セッションの映像を公開。曲は「Africa」

(おわり)

32 :名無しさん@恐縮です:2020/06/24(水) 03:43:19.72 ID:QP3gxNfa0.net

よく聞くとアフリカ関係ないただの恋バナなんだよな確か

84 :名無しさん@恐縮です:2020/06/26(金) 20:15:13.63 ID:DENTbfKk0.net

TOTOは1985年あたりで終わってるイメージ

9 :名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 23:21:05 ID:ieD4m0z+0.net

便器とのコラボ
粋だな

40 :名無しさん@恐縮です:2020/06/24(水) 06:28:52.47 ID:vqOVktSO0.net

LIXIL

77 :名無しさん@恐縮です:2020/06/25(木) 23:09:27.92 ID:WvdC16260.net

メタラーには5枚目 isolationが密かに人気

25 :名無しさん@恐縮です:2020/06/24(水) 01:42:57.75 ID:yqOaUIf40.net

>>17
私も

27 :名無しさん@恐縮です:2020/06/24(水) 01:55:57 ID:j6dAZd8W0.net

Lounge Kittensのアフリカカバーが素敵

45 :名無しさん@恐縮です:2020/06/24(水) 12:08:51.51 ID:3eKD9tx90.net

ROSANNA

62 :名無しさん@恐縮です:2020/06/24(水) 22:53:31.47 ID:tb59po1a0.net

Hydra
 1979年、プログレの皮を被った何か

執拗に同じヴァースをくり返す表題曲から賢者タイムのラスト曲まで、とにかくボーカル
がむんむんウホウホと猛々しいアルバムである。前作のデビューアルバムでもボーカルの
押しの強さは感じたが、あれの比ではない。思うほどリバーブ感がなくて、楽器が生々し
く左右からのしかかってくるのも気がついてしまうし、2曲目では男の数が増えてさらに
たいへんなことになる。B面はもう頭っから「オールアスボーイズ」とか言ってる騒ぎ
で、「ホワイトシスター」に持てる精力をすべてつぎ込み、なにもかも燃やし尽くしてそ
のまま意識混濁に陥って、なんか体の細胞がくっつき直してるような音まで聞こえてく
る。

このアルバムはプログレッシブロックのアルバムだと言われる。”ルーク”を名乗る若きマ
エストロを擁するTOTOという名のバンド。その全容を世に知らしめるために作られたアル
バム『ハイドラ』……デビュー前からきっと予定されていた、恐らくこの続きも本当は
あったアルバム、いかにもそう見える。説明は整っている。本当にそうかはわからない。
このアルバムまでのバンドの設定を整えたデヴィッドペイチが、ソロアルバムで続きを描
くことはついになかった。そうかというと、『聖なる剣』の後の空いた期間に”砂の惑
星”なる大コケ映画に参加してもいた。そういえば、このアルバムの後には『スター
ウォーズ帝国の逆襲』が映画界に革命を起こしていた。メンバーは「そっちかよ!」と
思ったかもしれない。TOTOのアルバムジャケットを指差し、スリーピーオーだと言った人
はきっと世界中にいた。はたして、ハイドラというモチーフがかもし出す物語感やプログ
レという特殊なジャンルについて、ペイチを始めとするメンバーの思い入れを示す材料
が、意外にとぼしい。

その一方で、メンバーのしてやったりの声はいくつも残っている。物議をかもした所はい
くつかある。「99」の曲名の由来と並んで、その次の曲「Lorraine」は、我々も国語の授
業で習う”アルザス=ロレーヌ”の、有名な地名でもある。このアルバムは、ローリングス
トーンズの『山羊の頭のスープ』などとの比較が成り立つアルバムである。このような隠
れた側面を仕掛けととらえ、シニカルとか批評性と呼んだりもするが、これはあまり意味
がない。アメリカの男女は結局このウホウホどもを数字で拒否ったわけだし、当のバンド
は「ロレイン」のコーダのような自分たちのトレイルをただ楽しみたかっただけのような
ので。

バンドのメンバーはこのアルバムに一貫して満足の意を表している。それが深淵なる物語
世界やら高邁な精神だの人智だのを体現せしめた満足では、どうもないらしいだけであ
る。ジャンル違いのプログレアルバムをあげるクイズで他の人がクイーンIIやナイロン
カーテンをあげてる時に、「ハイドラ」と言いそうになったらそれは罠だ。なお、1曲目
のオープニングの右側に、雫のしたたる音が入っている。これはサウンドチェックにな
る。なるべくこの音が聴こえる環境でアルバムを聴いてねということだ。末筆になった
が、濃厚なサウンドを作り上げたメンバー達の技量と意欲はすさまじく、このセカンド
キーボーディストはいったい幾つ音を隠したんだろう、このベーシストは4弦ベースの音
の低さをどこまで熟知してるんだろうなどと息をのむ箇所は枚挙にいとまがない。

13 :名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 23:33:11 ID:2uRgGO300.net

>>1
【実は音楽とアートの町だった!】ウラジオストクでロシア近代美術やアートスポット、コンサートや人形劇、音楽公演などロシア文化を体験できる情報をご紹介します!
https://www.youtube.com/watch?v=oKU77LYuu8E

>『コンビニ通販』

『コンビニ通販』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!価値ある商品を紹介するウエブサイト!『コンビニ通販』はこちら!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG